【サンプル無料】トラックドライバー向けLINEスタンプ作りました!こちらから是非、ご覧ください

他社のトラック運転手に対してキレてしまった

仕事

こんにちは、トラックドライバーのハルです。

短気は損気です、怒って良い方向に変わる事って中々ないですよね・・・

ですが私は他社のドライバーに対してキレてしまいました。

身の危険を感じたからです。

どんな出来事だったか書こうと思います。

スポンサーリンク

輪留めが飛んできた!

先日私がトラックから降りて作業をしているとすぐ近くで「バカーン」と大きな音がしました。

その方向を見ると私が今日担当しているトラックに輪留めが激しく当たっていました。当然へこみになっています。

直後その事態の犯人と思われる人物が「すみません」と声を掛けてきました。トラックの傷に関しては会社を通して対応しますのでと言われその場は終わりそうになったのですが・・・

↓タイヤの後ろと前に置いてあるのが輪留め↓

私は許せなかった・・・

トラックに乗っているほとんどの人が輪留めをしたまま発進しようとしたことがあると思います。

当然そのことを怒る事はありません。

しかし今回のような事は過去にもあり、実際ケガをした事例もあります。

なので対策として輪留め2つをヒモでつなぐのが普通です。

そのようにしておけば発進しようとして前の輪留めが飛んでいきそうになっても後ろの輪留めがストッパーの役割をして飛んでいく確率は激減するのです。

それをしていなかった事を私は許せませんでした。

安全対策の重要性をうるさく言ってしまった

結局私は安全対策をおろそかにする態度に怒りを感じ他社ドライバーに対してうるさく怒ってしまいました。

少しずれていたらケガをしています。

相手が悪いのでひたすら謝っていましたし次からはきちんと輪留めをヒモを繋ぐようになっていたので良かったのかな。

仕事
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ハルをフォローする
トラック運転手のブログ

コメント

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!