【サンプル無料】トラックドライバー向けLINEスタンプ作りました!こちらから是非、ご覧ください

ICタグの技術を応用すれば物流倉庫でのピッキング作業が楽になるね

ニュース等

こんにちは、トラックドライバーのハルです。

最近話題のICタグを利用したレジシステムを知っていますか?

ICタグはお店で販売されている商品に付けるものです。

コンビニやスーパーなどのレジでバーコードを読み込みますよね、それに代わるものなのですが、これが凄いんです。

そしてそれを応用すればトラック運転手の仕事の負担も減るじゃん、と思ったので今日はその事を書こうと思います。

スポンサーリンク

ICタグを利用したセルフレジが凄い!

まずICタグが一番活躍するだろうと言われている場面は、小売店のレジ(セルフ化)です。

ICタグが商品についていれば、カゴに商品をいれ専用のBOXにカゴごと入れれば一瞬で商品の種類や品数や値段などを読み込み計算が終わります。

  • お客の待ち時間の大幅な短縮
  • レジスタッフの削減

など大きなメリットがあります。

今現在の課題は導入コストという事ですが今後このシステムが拡大していけばそれも解消されていくと予想されているようです。

私はATMがコンビニに配置されるようになった時に便利になったなと思いましたが、こんなに早く多くのコンビニに普及するとは思いもよりませんでした。

ICタグによる「セルフレジ」に関して私は「ATM」と同じような事が起きると思っています。

実際に大手コンビニ各社は2025年までに全ての店舗において「セルフレジ」を導入する事を目指しているそうです。

応用すれば物流倉庫でのピッキング作業が楽になる!

ICタグの技術は私たち物流業界にいる人の仕事にも影響してくるでしょう。

物流倉庫では配送先ごとに仕分け(ピッキング作業)をしています。そして仕分け後に間違いがないか検品をします。

このピッキング作業ですが、倉庫の中をメインとして仕事をしている人がする事もあれば私たちトラック運転手の仕事だったりします。

そしてその作業にミスがあり間違って商品を納品してしまえばドライバーの責任になってしまいます。

細かい作業な上間違いが許されない精神的に大変な作業です。言い訳になってしまいますが、人間なのできちんとピッキングしたつもりでも間違ってしまう事があります。

そういう時は「ミスしてしまった~」と気分が凹んでしまいます。

しかしICタグの技術が発達すれば、検品が一瞬で終わる上に正確に行えるのでミスが激減するでしょうから作業の負担と精神的負担が減る事が望めるでしょう!

良いですね!こういう技術!心がときめきます。

さいごに

新しい技術の進歩にはワクワクします!

このような技術が進歩して人間の負担がどんどん減ると良いですね!

今後ICタグの技術の進化に注目していきましょう!

ニュース等
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ハルをフォローする
トラック運転手のブログ

コメント

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!