【サンプル無料】トラックドライバー向けLINEスタンプ作りました!こちらから是非、ご覧ください

運転免許制度

資格

トラックの運転をする場合は相応の運転免許が必要になりますが、以前の運転免許制度はシンプルでした。

普通免許と大型免許しかなく、普通免許ですと車両総重量が8tまでのトラックを運転することができ、大型免許ですとそれ以上のサイズのトラックを運転することができました。
途中、「中型免許」が新設され、この免許は11t未満のトラックを運転できるというものであり、それに伴い普通免許では5t未満までしか運転ができなくなりました。
ところがさらに運転免許制度に改定が入り、区分がより細かいものへと分類されるようになったのです。なお、平成29年3月から実際に新設されました。
新しく新設された区分としては、「準中型免許」です。それに伴い運転できるトラックのサイズ及び免許の取得条件にも変化が生じます。
まず普通免許の場合は、3.5t未満までしか運転をすることができなくなります。取得条件は普通免許ですから特に変わりなく、全くの運転経験のない人でも18歳以上なら取得することが可能です。
新設された準中型免許は、3.5t以上~7.5t未満を運転できるというものであり、取得可能年齢は18歳以上です。免許経歴は不要となっています。
続いて中型免許は、7.5t以上~11t未満を運転することができるのですが、この免許から取得条件に違いが生じます。年齢は20歳以上で、普通免許又は大特免許の取得者且つ免許経歴が通算で2年以上必要となります。
最後に大型免許ですが、大型は11t以上を運転ができるというものです。取得可能年齢は21歳以上であり、普通、中型、大特免許のいずれかの取得者且つ免許経歴が通算で3年以上必要という条件があります。
なお、上位資格があれば下位資格もカバーされますので安心です。

つまりそれまで運転ができていた区分に変化はありません。

あくまでもこれから免許を取得する人に関係がありますから、すでに当該免許を持っている人は心配をする必要はないでしょう。

資格
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ハルをフォローする
トラック運転手のブログ

コメント

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!