【サンプル無料】トラックドライバー向けLINEスタンプ作りました!こちらから是非、ご覧ください

日常点検を怠ったからスペアタイヤを落とした?逮捕されるリスク

事故

こんにちはハルです。

トラック運転手の仕事のひとつに日常点検があります。

乗務前の点検ですね。トラックに不具合があると事故につながりかねないのでしっかりと行う必要があります。

最近高速道路上で大型トラックがスペアタイヤを落とし、後続の一般車がそのタイヤに接触して事故をし路肩に退避、さらにその後続車のトレーラーが同じく接触し横転、路肩に退避していた人を下敷きにしてしまうという悲惨な事故が起きてしまいました・・・

この事故について私の思う事を書こうと思います。

スポンサーリンク

トラックが古くなると

一般車でもそうですが車が古くなってくると色々と不具合が出てきます。

3か月点検や1年毎の車検を受けて一般車より念入りな点検をしているトラックでもやっぱり不具合が出ます。

私が過去に体験した危険な出来事は日常点検では発見することが出来ませんでした。

その内容は「トラックの荷台の後ろ扉に隙間が空いてしまい、その隙間から小さめだけど硬い荷物が落ちてしまった事です」停車中は隙間が分からないのですが走行すると隙間ができるようになっていたようで・・・

幸い後続車がなく荷物の破損だけですみましたが、もし後続車がいたら大事になっていたかもしれません・・・

今回のスペアタイヤ落下も経年劣化が原因である可能性が高い気がします。

こういったリスクをドライバーが背負うのは怖いですね・・・

逮捕される可能性という大きなリスク

私が怖いのはもちろん他人を事故に巻き込むことですが、それと同時に自分がトラックの不具合により事故をおこし責任を負わされ逮捕されてしまうことも怖いです・・・

最近のスペアタイヤ落下による事故では落としたドライバーと後続車であるトレーラー運転手に責任が発生してしまう可能性があるそうです。

弁護士ドットコム-トレーラー横転の原因「落ちていたタイヤ」、法的責任はどうなる?<中国道死亡事故>

 

テレビのニュースでもこの話題を取り上げていました。ちょっと気になるやり取りがあったので紹介します。

アナウンサー男
アナウンサー男

スペアタイヤを落としたドライバーはもちろん、後続のトレーラー運転手に責任が発生する可能性が高いです。

アナウンサー女
アナウンサー女

え?後続のトレーラーの運転手さんもですか?一見被害者のように思えますが?

アナウンサー男
アナウンサー男

そうなんですよ。今の日本の法律ではそうなります。

このようなやり取りをしてさっさと次の話題に移っていしましました。

女性アナウンサー言うように一見被害者とも見える後続車であるトレーラーですが、そうはならない可能性が高いそうです。

車体が大きい為たとえ落下物に素早く気づき回避行動を行ったとしても避けきれずに接触し横転した可能性も大きいと思います。

また急ハンドルでなんとか回避しようとしても車体のバランスを崩して横転してしまいます。

人が亡くなっている事故ですので軽はずみな事は言えませんが・・・

どうしようもなく事故に至った可能性もあると思います。それでもこのような時に法的な責任を問われてしまうのはやっぱりドライバーにとっての大きなリスクだと思います。

トラックの日常点検を怠った事が原因なのか?

今回の事故は現場でドライバーとして働く私にとって他人事ではありません。

自分だったらと置き換えてみました。

私は点検表に従って運行前に欠かさず日常点検をしています。

しかし、スペアタイヤが外れてしまう事に関しては想定外でしっかりと点検はしていませんでした。

他ドライバーにも話を聞いてみましたがほとんどのドライバーがスペアタイヤの取付状況については点検をしていません。

というのも法的にもスペアタイヤが外れる事は想定外になっていて法律で定められている点検項目に含まれていない事も大きな理由だと思います。

事業用トラックは、道路運送車両法に基づいて3カ月ごとに整備工場などで点検を受ける義務があるが、スペアタイヤの固定状況は法定の点検項目にない。

毎日新聞-スペア固定、点検項目外 「外れる想定せず」

3か月点検もきちんと受けていたそうです。

今回の件はドライバーがしっかりと点検項目表に従い日常点検をしていたとしても見落とされた可能性が高いです。

それでもスペアタイヤを落としたドライバーには法的な責任が生じてしまう可能性があるのです。

会社から指示されている業務をきちんとこなしていたとしても今回のような事故が起きてしまい、逮捕されるや法的な責任が生じてしまうのは現場で働くドライバーから見ると色々と考えさせられてしまいます・・・

さいごに

事故はやっぱり当事者すべてを不幸にしてしまいます。

たまに日常点検を怠るトラック運転手もいますが、万が一のリスクを考えきちんと行うようにした方が良いと思います。

そして、今回のような悲しい出来事が無くなる事を祈っています。

事故
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ハルをフォローする
トラック運転手のブログ

コメント

  1. 優柔不断な僕・・・ より:

    これは本当にひどい話ですね。

    現在の日本の道交法では、たとえ飛び込み自殺の人を撥ねてしまっても車の方が悪くなります。

    しかし、もっと大きい鉄道においては人の方が悪くなる。

    これって矛盾じゃないですか?

    たしかに鉄道はレールを外れて走れませんが、だからといって車が咄嗟に車道を離れて走る事が出来ますか?という話です。

    日本の法律も改正すべき時にきているのだと思います。

    • ハル より:

      同じことを考えた事があります!

      電車は人を撥ねても基本的に電車側は悪くならない。

      対して車が人を撥ねた場合は相当に車が不利です。トラックになるとなおさら不利です。

      こないだなんて係員が止めたのにもかからわず高速道路に入った自転車をトラックが跳ねてしまいトラック運転手が逮捕されてしまいましたからね・・・

      しかも自転車は匿名でトラック運転手は実名報道。

      そろそろ日本の法律は何かがおかしい事に気づいてほしいです。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!