【サンプル無料】トラックドライバー向けLINEスタンプ作りました!こちらから是非、ご覧ください

大型トラック運転手が車から降りて乗用車にガチギレ!まぁ落ち着けよ

仕事

こんにちは、ハルです。

かなり前の事ですが、私がプライベートで運転をしていた時に大型トラック運転手がクラクションを鳴らし続け前の車を煽っていました、最終的には信号で止まりわざわざ降りていき乗用車のドライバーに対して直接キレて何かを言っていました。

内容までは聞き取れませんでしたが明らかに怒っていました。

同じ大型トラック運転手として思った事があります。

スポンサーリンク

まぁ落ち着けよ

面倒事はゴメンなのでわざわざ言いませんが、怒鳴っているトラック運転手さん「まぁ落ち着けよ」と思います。

それはなぜか?

  • 最近ではトラック運転手が煽ったり怒鳴ったりする動画を撮られてネット上にアップされることが多い
  • 正直イラつく気持ちは良くわかる!けど・・・その感情をコントロールするのがプロ

この二つが大きな理由です。

ネット上にアップされると非常にまずい

トラック運転手がクラクションを鳴らし続けたあげく最終的に運転席から降りて乗用車のドライバーに対して怒鳴り散らす。

もしそのような動画がネット上にアップロードされると・・・

その前の出来事は一切関係なくトラック運転手が非難されることが非常に多いです。

場合によっては運送会社・個人を特定され運送会社は荷主を失い、トラックドライバーは職を失いかねません。

ここで怖いのは、その一般の乗用車が無理な割り込みや危険な運転をしていても同じような結果になりかねないということです。(動画でその部分をカットすれば簡単に、ただ頭のおかしなトラックドライバーが怒鳴っていると見えるように出来る)

仕事が出来なくなる覚悟があり会社へ迷惑を掛けても構わないと思うのであれば一般ドライバーに対してどのように接してもいいと思いますが、もしそれで職を失ったり会社からの信用を失ったら馬鹿らしすぎませんか?

気持ちは分からないでもないですが・・・だからこその「まぁ落ち着けよ」となるわけです。

感情に流され煽れば結局自分が危ない

前の車を煽ったところでリスクを負うのは自分です。

事故をすれば信用を失うし、下手すれば職を失います。

トラックを運転していてキレて良い事なんて、まずありませんしむしろ悪い事ばかりです。

イライラしながらの運転は危険です。

事故して損するのは自分です。

やっぱり感情をコントロールするのは大事です。

イライラする気持ちを抑え安全運行をする。

これがプロだと思っています。

さいごに

危険な運転をする一部の一般ドライバーに腹を立てる気持ちは分かりますよ。分かりますけどね。

トラック運転手は気性が荒く何かあれば怒って喧嘩をする。

それがカッコイイ時代は残念ながら終わりました(私の好きな映画トラック野郎のような)

今の時代はトラック運転手にむしろ人柄を求めています。クールで人当たりが良いドライバーが求められています。

いくらドライバー不足とはいえ、昔のガラが悪いイメージだと仕事を失いかねませんよ。

仕事
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ハルをフォローする
トラック運転手のブログ

コメント

  1. TAKAO より:

    ハルさんお久しぶりです、TAKAOです。
    Twitterはハッカーに引っかき回されたのでにゃじらという別垢で鍵付きにしており、ハルさんにDMが送れないのでどうしたもんかと思ってました。
    陰ながらいいねしています。
    よろしかったらまたフォロバしてくださいませ。
    ところでこの記事、大事なことですね。
    東名あおり事故の発端も被害者の「邪魔だ、ボケ」の一言です。
    あおり運転の被告ばかりが糾弾されていますが、危機管理に問題があったとも言えます。
    可哀想なのは追突してしまったトラックの運転手と私は思います。

    • ハル より:

      お久しぶりです!

      申請しました、またお願いします(o*。_。)oペコッ

      「君子危うきに近寄らず」です。
      まして子供も一緒だったわけですから・・・
      残された子供が可哀想です。
      もちろん亡くなられたご両親も・・・

      加害者は「お父さんとお母さんを亡くさせてしまった事は申し訳ないけど、今回の事故がなければ彼女と結婚する予定だった。自分が支えていきたいので今回の事故を許してください」

      と訳の分からない事を言っています。

      余計に可哀想です。

      追突をしたトラック運転手も可哀想です・・・
      同じことをこのニュースが流れるたびに思っていました。

      この加害者にはその部分も十二分に理解をし謝罪をして頂き二度と社会に出てこないでほしいですね。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!