【サンプル無料】トラックドライバー向けLINEスタンプ作りました!こちらから是非、ご覧ください

運送会社への行政処分は公表されている!転職活動時の参考になるかも

転職

こんにちはハルです。

いきなりですがブラック企業の定義とはなんでしょう?

色々あると思います。

今回はこの定義を考えつつブラック企業になるべく入らない為に参考になるかもしれない情報を書こうと思います。

スポンサーリンク

ブラック企業の定義とは

一般にブラック企業ってどういった会社の事をいうのか?その定義になるものは

  • パワハラがある
  • セクハラがある
  • 違法な長時間労働
  • 残業代未払い

その他の要因もあると思いますが、これらが主なものになってくると思います。

共通する事といえば違法でありルールを守っていない点です。

パワハラやセクハラを直接罪として扱う法律はありませんが、侮辱罪や名誉棄損罪や傷害罪などが問われる事のある違法行為です。

残業代の未払い(サービス残業など)も当然違法です。

こういった本来会社として守らなければならないルール(法律)を守れない会社というのがブラック企業の定義になると考えています。

ただどの会社も多少はグレーな部分はあると思います。それが行き過ぎるとブラックになるのだと思います。

行政処分を受けている=ルールを守れていない

ブラック企業=ルール(法律)を守れていない会社

と考えると、ルール(法律)を守れていなくて行政処分を受けている会社というのはブラックな可能性は高くなるのではないかという予想が出来ます。

行政処分を受けているということは、安全運行の為のルールを守れなかった会社という事なので仕事をする上で事故にあう可能性も高くなりそうで不安です。

なので過去の行政処分の情報は転職活動をするときの参考になるかもしれません。

その情報は公開されています。

行政処分情報の検索方法

行政処分の情報は下記の引用元「自動車総合安全情報」で検索出来ます。

当ホームページでは、一層の利用者利便を確保するとともに、事業の健全な発達及び輸送の安全確保を図るため、バス、タクシー、トラックを利用する際の事業者選択の参考情報として、過去3年間(一般貸切旅客自動車運送事業者の一部処分については5年間※1)の自動車運送事業者に対する行政処分等の状況を公表しています。

引用ー自動車総合安全情報

転職を考えている「都道府県名」を入力し「トラック」を選択すると過去の情報を検索できます。

当然、ここに会社名が出ていない会社より出ている会社のほうが普通に考えて安全面を軽視していると見る事が出来ます。

転職先を探すにあたって

行政処分を受けているという事は、安全面に関するルールを守れない会社ですから労働に関するルールも守れていない可能性も高いと考えるのが自然です。

このような会社は避けた方が良いかもしれません。

ただ、私の働いている地域で検索した所「ブラック」として有名な会社名が無く実際に働いている人がそれほど不満を口にしない会社名あったりするので参考程度に考えると良いと思います。

中には、やっぱりあの会社名があるのね。という所もあります。

その他、稼げるけどきついと有名で実際に働くドライバーは他より稼げるからとそんなに不満を持っていなかったりする会社名があったりします。

ただ転職条件の上位に安全がある場合は行政処分を受けていない事は参考になるのではないかと思います。(ただ上手く誤魔化している会社もあるかもしれないので参考程度に)

安全教育は運送会社の義務であると同時に自身を守る為にある

今回は転職活動をする時の参考になるかもと思いここまで書きましたが、ついでに書きたいことがあります。

それは実施しなければ行政処分の対象となる安全教育は、実施する側と受ける側双方にとって「重要」と言う事です。

日々トラックを運転していると次第に安全意識が希薄になっていきます。

良く言われる「慣れたころに事故をする」というあれです。

ベテランドライバーでも事故をしない日々が続くと次第に安全意識が希薄になってしまいます。

人間ってそういう生き物です。

だから、安全教育で実際の事故状況やその事故はどうしていたら防げていたかを考えたり教えてもらって素直に吸収したりする事が大事なのです。そうすることで気を引き締めなおす事が出来るのです。

教育の一環として実際の事故状況をドライブレコーダーの画像で見る事があるのですが、「ぞっと」する場面が多く危険な仕事をしている事を再認識させられ安全意識を再度高めなおす事が出来ます。

このように安全意識を引き締めなおすきっかけとして安全教育は非常に大事です。もちろん内容を理解することも大事です。

万が一の時困るのは自分です。そして家族です。

たまに「こんな事をしても無意味だろ」と言ってしまう人がいますが、そんなことはないはずです家族や自分の為にもしっかりと教育を受けるという意識を持って臨んだ方がいいでしょう。

転職
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ハルをフォローする
トラック運転手のブログ

コメント

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!